くすみの原因はターンオーバーにあり!?対処法を紹介

投稿日:

何故か顔色がパッとしない、最近疲れてる?とよく聞かれる方はいませんか。

これは顔全体がくすんでしまっているんです。

実はこのくすみの原因はターンオーバーの乱れにあります。

原因をよく知ってケアを行なっていきましょう。

 

ターンオーバーって何?

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでの周期のことを言います。

肌は三層に分かれており、表面から表皮層、真皮層、皮下組織となっています。

ターンオーバーはこの中でも一番上にある表皮層で行われます。

表皮層をさらに細かくみてみると表面から角質層、顆粒層、有棘層、基底層となっています。

基底層の下が真皮層です。

真皮層には毛細血管が走っており、基底層が真皮層から栄養をもらって新しい細胞を生み出しています。

基底層で生み出された新しい細胞が有棘層、顆粒層と上がったきて角質層に至るまでで14日間、さらに角質層まで上がってきた細胞は潤いを保ちながら外部からの刺激等から肌を守ります。

その期間も14日間とされています。

そして役目を終えた死んだ細胞は赤となって剥がれ落ちていきます。

通常、ターンオーバーは28日周期で行われると言われています。

しかしこのターンオーバーが遅くなってしまったり早まってしまうことがあります。

これがターンオーバーの乱れといい、冷えや睡眠不足や間違ったスキンケアなどが原因で起こると言われています。

 

くすみの原因はターンオーバーにあった

なぜくすみの原因がターンオーバーにあるのでしょうか。

これはターンオーバーの乱れによるものです。

通常であれば28日で皮膚は赤となって剥がれ落ち、新しい皮膚が表面に現れます。

しかしこれが正常に行われないと、皮膚表面にどんどん古い細胞がたまっていってしまいます。

毛穴を詰まらせ、死んだ細胞のため手触りはごわごわとしてきます。

そしてなにより剥がれ落ちるべき細胞が残留することでいくつもの層になってしまい肌を黒くくすんで見せてしまいます。

この場合、まずはクレンジング、洗顔、スクラブ等でしっかりと古い角質を取り去りましょう。

しかし角質ケアのやりすぎは注意です。

無理に角質を剥がしてしまうとターンオーバーを早めてしまいます。

あまりにも早いターンオーバーは新しい細胞を生み出すのが間に合いません。

感覚としては、その日の汚れはその日に落とすという感覚です。

やりすぎず、でもしっかりと汚れを落としていくことが大切です。

そして角質ケアを行なった後は必ずしっかりと保湿をしてください。

 

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーが乱れる主な原因としてはストレス、睡眠不足、間違ったスキンケア、冷え等があります。

ストレスや冷えは血行が悪くなるため、基底層にうまく栄養を運ぶことができず、肌を作り出す機能が低下してしまいます。

そして夜の22時~2時までに成長ホルモンが分泌されており、成長ホルモンはターンオーバーを促すため睡眠不足でもターンオーバーは遅れてしまいます。

最低でも22時~2時の間はゆっくりと眠るようにしましょう。

そして多くの方がやりがちなのが間違ったスキンケアです。

洗顔やピーリングのしすぎなどがあげられます。

何事もやりすぎはよくありません。

角質ケアをやりすぎると本来まだ剥がれ落ちるべきではない細胞まで一緒にとってしまいます。

無理に角質を剥がしてしまうとターンオーバーを早めてしまい、未熟な細胞はまだ刺激への防御が弱いため紫外線等の刺激に耐えきれません。

そのためメラニンの吸収もしやすくなってしまいさらにくすみの原因になってしまいます。

ターンオーバーは遅すぎても早すぎてもよくありません。

 

まとめ

肌くすみが取れ色がワントーン明るいだけで顔色は明るくなり華やかな印象になります。

そして艶のある美しい肌に見えます。

加齢と共にターンオーバーはどんどん遅くなってしまいます。

正しいケアを行なってくすみを取り除き、美しい肌を作っていきましょう。

Copyright© 999円でお試し!セルビック美容液をレビュー【96%が実感】 , 2019 All Rights Reserved.