角栓の「正解ケア」と「NGケア」って?正しいケア方法を紹介

投稿日:

  • 小鼻の黒ずんだ角栓
  • 頬周りのファンデが浮く角栓
  • 触るとざらつく顎周りの角栓

これらの角栓、ついつい気になって無理やり取ってしまう……なんてことはありませんか?

実は、角栓のセルフケアには危険がいっぱい。

正しくない「NGケア」を行ってしまうと、肌に大きなダメージを与えてしまうことも。

正しい「正解ケア」を理解し、角栓レスのつるつる美肌を実現させましょう!

どうして角栓が詰まってしまうの?

そもそも、なぜ肌に角栓ができてしまうのでしょうか。

まずは角栓ができる原因を知り、対策を立てていきましょう。

角栓というものは、毛穴に皮脂などの汚れがたまり、毛穴の外へ上手に汚れが排出されずに固まることでできてしまいます。

毛穴からは汗や皮脂が分泌されており、そこにホコリやメイク成分などの汚れが混ざり、酸化することで角栓へと成長してしまうのです。

できた角栓をそのまま放置していると、やがて黒ずみ毛穴や飛び出した角栓になり、ニキビを引き起こしてしまうことも。

特に女性はメイクをする方が男性に比べて多いので、毛穴に汚れが溜まりやすくなっているのも原因の一つです。

特に、毎日ファンデーションやコンシーラーなどを塗っている方は要注意。

さらにクレンジングや洗顔を丁寧に行わないとさらに汚れが蓄積されてしまいます。

時間をかけて完成させたメイクは、同じくらいしっかりとメイクを落とすように心がけないといけないのです。

特に、夜遅く帰ってきた日は疲れていてシートタイプのメイク落としで済ませてしまったり、メイクを落とさず寝てしまったり……なんてことはありませんか?

メイク成分を残したまま寝てしまうのは、雑巾が乗っているのと同じくらい雑菌が繁殖しやすいと言われています。

どんなに疲れていても、クレンジングだけは行ってから寝るのをおすすめします。

オイルタイプのクレンジングはメイクがスルッと落ちやすいので、自分に肌に合うものを見つけてみて下さい。

角栓の「NGケア」とは?

角栓が毛穴から飛び出していたり、毛穴が広がって黒ずみが見えていたりすると、つい指で取ってしまいたくなりますよね。

しかし、それは最も危険な「NGケア」です。

角栓が見えている毛穴は、角栓や皮脂に押されてそれだけ穴が広がってしまっているということです。

そこで無理やり角栓を除去してしまうと、角栓を失った毛穴は大きく広がったままの状態になってしまいます。

大きく開いた毛穴には汚れが入り込みやすく、さらに次の角栓ができやすくなってしまいます。

角栓ができる→無理やり取る を繰り返していると、だんだんと毛穴が大きくなり元に戻らなくなる可能性が高いです。

さらに、年齢を重ねるにつれて肌が重力に負け、水玉やしずく模様のようなとても目立つデコボコ肌になってしまうことも。

角栓が気になっても、

  • 指やピンセットで引っ張る
  • 圧力をかけて押し出す
  • 毛穴パックで剥がす

これらのことは絶対に行わないようにしましょう。

角栓の「正解ケア」とは?

メイク

まずは、メイクから変えてみることをおすすめします。

リキッドファンデーションを使っている方は、パウダータイプのファンデーションに変えてみて下さい。

リキッドファンデーションは肌にぴったりと密着して綺麗な仕上がりになりますが、その分毛穴に入り込みやすく角栓になりやすくなるデメリットがあります。

リキッドファンデはここぞという時のみに使い、普段遣いはなるべくしないようにするほうがベターです。

もちろん、化粧下地やコンシーラーなども重ねれば重ねるほど肌負担は高くなりますよ。

できれば、普段着のメイクも日焼け止め+軽いフェイスパウダーのみの薄化粧にすると、より肌の負担が軽減されます。

スキンケア

上でも述べたとおり、クレンジングと洗顔は必ず丁寧に行うのが基本です。

クレンジング剤を肌に広げたら、毛穴の汚れがとろけるようになじませていきましょう。

最近では、バームタイプやクリームタイプのクレンジングが人気ですので試してみて下さい。

洗顔は、肌に刺激を与えないようふわふわもこもこに泡立ててから使いましょう。

飛び出し角栓が気になる方は、週に数回ピーリング洗顔や酵素洗顔を使ってみるのもいいですね。

指で押し出すよりも、ピーリングや酵素の成分で角栓を少しずつ溶かしていったほうが毛穴は広がりにくいです。

洗顔の後は必ず保湿を行って下さい。

クレンジングや洗顔で毛穴の汚れを取った後は、スキンケアで毛穴を引き締めることが大切です。

特に、「収れん化粧水」と書かれているタイプの化粧水は、緩んだ毛穴を引き締めてくれるはたらきがあるのでおすすめです。

朝はメイクのりが良くなり、夜は肌が引き締まったままターンオーバーを迎えることになるので美肌に導くことができますよ。

まとめ

角栓に対する「NGケア」と「正解ケア」について理解を深めることができましたか?

角栓をケアするときには焦りは禁物です。

日々のケアを丁寧にしっかりと行っていくことで、角栓に確実にアプローチを行っていきましょう。

時間をかけてあげれば、必ず綺麗なお肌に近づいていくはずです。

Copyright© 999円でお試し!セルビック美容液をレビュー【96%が実感】 , 2019 All Rights Reserved.