乾燥レス!テカリレス!の肌を目指す方におすすめの成分を紹介

投稿日:

乾燥肌の人は肌が荒れやすく、メイクが崩れてしまうことが多くて大変ですよね。

逆に、脂性肌の人は皮脂や汗でメイクが浮いてボロボロになってしまう……といった悩みを抱えているのではないでしょうか。

でも、肌をプルプルに保つにはどうすればいいか具体的にわからない方も多いはずです。

そこで、この記事では乾燥知らずテカリ知らずのツルツル肌になるために、おすすめの成分を5つに絞ってご紹介していきます。

日本人女性のほとんどが○○肌という真実

成分についてご紹介する前に書いておきたいことがあります。

私は今まで脂性肌寄りの混合肌だと思い込み、さっぱり系の成分の化粧水ばかりを使っていました。

しかし、洗顔料でしっかりと洗い、崩れにくいコスメまで使っているのに、数時間後にはテカテカしてしまうのです。

 

困り果てた私が、こないだBAさんに肌の状態を見てもらったときに言われた言葉です。

「肌が乾燥しているので、余計な皮脂が分泌されて脂性肌に見えている」

「日本人女性のほとんどは乾燥肌で、真の脂性肌の人はほとんどいない」

私は最初半信半疑でした。

しかし、その日の夜から保湿中心のケアを行ってみたところ、肌の状態が驚くほど改善したのです。

  • 脂性肌だから脂性肌向けのコスメを使っているけど、一向に良くならない……
  • 乾燥肌だと思うけど、いまいちコスメの選び方が分からない……
  • 混合肌の場合はどんなスキンケアを行えば良いのか知りたい……

そんな方は、ぜひ「保湿」を重点的に行うことをおすすめします。

そこで、下でご紹介しているポイントを参考にしてみてくださいね。

肌を潤すために選びたい成分

肌の乾燥は、吹き出物や皮むけ、粉吹き、ターンオーバーの乱れといった様々なトラブルを引き起こします。

一度肌の状態が悪くなってしまうと、元の状態に戻るのは長い時間がかかります。

そのため、毎日のスキンケアを見直すことで肌トラブルが起きにくい美しい肌を育てることが大切なのです。

化粧水や乳液を選ぶときには、下のような成分が含まれているものを選んでみましょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌の保湿成分としてとても有名ですよね。

化粧水や乳液、美容液、クリームなど利用されているコスメは多岐にわたり、昔から使われているので安心の成分です。

ヒアルロン酸はもともと肌内部に存在している成分ですが、年齢とともにその含有量は減少していきます。

肌に含まれるヒアルロン酸が減少すると、肌に保たれる水分量も減ってしまうので、カサカサで艶のない皮膚になってしまいます。

ヒアルロン酸は保湿剤としてとても優れた成分であり、採用しているスキンケア用品も数多く存在します。

肌の乾燥が気になった場合には、まず「ヒアルロン酸配合」と書かれたコスメを選んでみるとよいでしょう。

また、ヒアルロン酸は化粧品だけでなく注射などで肌内部に直接与える方法もあります。

お金はかかってもいいのでとにかく即効性が欲しい!という方は検討してみて下さい。

コラーゲン

コラーゲンも、ヒアルロン酸と同じく肌の保湿剤としてよく使われている成分です。

肌内部にも存在しており、年齢とともに減少していくのもヒアルロン酸とよく似ていますね。

コラーゲンは皮膚を内側から支えている成分なので、減少すると肌のハリが無くなりたるみや小じわが目立つようになってしまいます。

コラーゲン入りのクリームは、肌のキメを整えてふっくらと見せてくれますので、特に目の周りのケアにおすすめです。

さらに、コスメでコラーゲンを塗布するだけでなく、鮭・豚肉・鶏肉など食べ物から摂取することでWの効果が期待できます。

セラミド

セラミドは、最近になって人気が高まっている成分の一つです。

セラミドは一般に使われているコスメだけでなく、アトピーやアレルギーによる肌荒れにも処方されています。

ヒアルロン酸やコラーゲンだけでは追いつかないほど乾燥している……という方は、ぜひセラミド入りのスキンケアを行ってみてください。

セラミドは油分の一種なので、水分が入って潤うというよりも水分の蒸発を防いでツルツルに保つといったほうが正しいです。

美肌には水分と油分のバランスが大切ということを頭に入れてスキンケアに臨みましょう。

化粧水やシートパックでしっかりと水分を入れ込んだ後は、セラミド配合のクリームで蓋をしてあげると翌朝までしっとりモチモチの肌になれますよ。

アミノ酸

アミノ酸という名前は、化粧水や美容液よりもシャンプーで見た人のほうが多いかもしれません。

アミノ酸が肌から失われてしまうと、肌内部の水分が失われてパサつきやひび割れの原因に。

アミノ酸と一口に言っても、グリシン・バリン・ロイシン・イソロイシン・アラニン・セリンなどその種類は様々です。

どれか1つでOKというものでもなく、それぞれを組み合わせて保湿効果を高めるといった使い方が多く見られます。

「アミノ酸が含まれているから使う」「人気の商品だから使う」というよりも、商品説明をしっかりと読み、自分の肌状態に合った製品をセレクトするようにしましょう。

 

まとめ

肌をしっとり潤すための成分について解説していきました。

今までコスメの成分なんてあまり気にしたことなかった……という方も、これからはぜひ成分表記もチェックするようにしてみてくださいね。

いろいろとチェックしていくうちに、「この成分を使うと肌荒れするな」とか「この成分は私に合っているからきっと期待できる!」などコスメを選ぶ楽しみが倍増すること間違いなしです。

この記事を参考にし、ツルツルの美肌を手に入れて下さい♪

Copyright© 999円でお試し!セルビック美容液をレビュー【96%が実感】 , 2019 All Rights Reserved.